2015年09月20日

『近代仏教』第22号、2015年9月発行

〈論 文〉
君島彩子「大阪万博の平和観音―共生運動の超宗派的展開―」

〈報 告〉
守屋友江「沼田仏教学カンファレンス 暴力、非暴力と日本宗教―過去、現在、未来―」
吉永進一 ・星野靖二「Asian Buddhism Kyoto について」
桂 紹隆「仏教の多様性とその現代的可能性」

〈研究ノート〉
西村 玲「社会と個を支え得るのは何か―日本仏教の倫理をめぐって―」

〈書 評〉
安藤礼二「末木文美士・林淳・吉永進一 大谷栄一編 「ブッダの変貌―交錯する近代仏教―』」
山本浄邦「中西直樹『植民地朝鮮と日本仏教』」
奥山直司「高本康子『ラサ憧慢―青木文教とチベット―』
近藤俊太郎「小川原正道『日本の戦争と宗教―1899〜1945―』
金丸裕一 「坂井田夕起子 『誰も知らない『西遊記』―玄奘三蔵の遺骨をめぐる東アジア戦後史―』
永岡 崇「村上興匡・西村明編 『慰霊の系譜―死者を記憶する共同体―』」

〈新刊紹介〉
碧海寿広 2013年10月〜2014年9月 

〈彙 報〉