2016年02月02日

研究大会の記録

■第25回日本近代仏教史研究会研究大会(2017年6月3日)
宮城県・東北大学

【午前の部(文科系総合講義棟)】
会場:法学部 第2講義室
ナサニエル・ガラント(ミシガン大学・院)「梵語学事始め―慈雲の近代について―」
長谷川琢哉(親鸞仏教センター)「「大乗仏教」をめぐる言説形成―井上円了を中心にして―」
アーロン・プロフィット(ニューヨーク州立大学オールバニ校)「仏教学と密教の近代化」
簡冠サ(東北大学・院)「「支那通」の僧侶・水野梅暁と布教権への葛藤」
魚尾和瑛(大正大学・院)「窪川旭丈監督時代におけるハワイ浄土宗の開教施策について」

会場:法学部 第1小講義室
栗本眞好(元・花園大学大学院)「昭和史の黒幕たちと禅―田中清玄・四元義隆を中心に」―」
片岡英子(龍谷大学・院)「BC級戦犯追悼の諸相とその実質」
君島彩子(総合研究大学院大学・院)「興亜から平和へ―昭和前半期における観音像の変容―」
牧野静(筑波大学・院)「宮沢トシの信仰と宮沢賢治の信仰」
中川剛マックス(愛知学院大学・院)「明治・大正期における無我愛運動」

【午後の部(文科系総合講義棟)】
会場:法学部 第2講義室
星野靖二(國學院大學)「九州における仏教演説―和敬会を中心に―」
渡辺健哉(東北大学)「東京帝国大学仏教講座開設構想とその背景―常盤大定の動向をてがかりに―」
谷川穣(京都大学)「昭和初期のキリスト教教育調査と仏教―Laymen's Foreign Missions Inquiry (1930-31) の滞日インタビュー記録から―」

【シンポジウム 近代法華仏教研究の新たな展開】 
会場:法学部 第2講義室
大谷 栄一(佛教大学)「近代法華仏教研究の成果と課題―とくに2000年代以降の研究史を中心に―」
ユリア・ブレニナ(同朋大学)「日蓮主義研究における新たなアプローチの試み―田中智学と本多日生にみる日蓮仏教の再解釈/再構築―」
ジャクリーン・ストーン(プリンストン大学)「戦時下における日蓮門下と「不敬」問題―抑圧と抵抗の意義―」
佐藤 弘夫(東北大学)「仏の消えた浄土―日蓮と近代法華仏教の距離―」
コメンテーター: 岡田正彦(天理大学)  司会: 安中尚史(立正大学)



■第24回日本近代仏教史研究会研究大会(2016年6月4日)
東京都・立正大学

【研究発表】
[第1部会]
福井敬(大正大学大学院)同和推進本部の活動と高木顕明の僧籍復権運動
長谷川琢哉(親鸞仏教センター)清沢満之の前期思想について
名和達宣(親鸞仏教センター)清沢満之における「自力/他力」再考−「修養」という語に着目して
稲田光太郎(大阪大学大学院)戦場の仏教−帝国日本の従軍僧をめぐって
工藤信人(仏教タイムス)占領下の戦犯教誨師ノート

[第2部会]
矢吹康英(立正大学大学院)近代における日蓮著『立正安国論』の受容について
栗本眞好(学習院大学)仏教各宗と戦後70年
君島彩子(総合研究大学院大学)明治期における観音のイコノロジー
橋口豊彦(在家仏教こころの研究所)近代仏教史における久保角太郎の位置づけ
本康子(北海道大学スラブ研究センター)石原莞爾と「喇嘛教」−満洲国における仏教施策を中心に−

[合同部会]
池田智文(龍谷大学)仏教史学成立期の神仏習合論について
星野靖二(國學院大學)『経世博議』と中西牛郎
坂井田夕起子(桃山学院大学)歴史に消えた仏教雑誌−日本人が中国で発行した事例を中心に
山本伸裕(東京医療保健大学) 近代仏教のフィクサー−石川舜台
ゴダール・クリントン(北海道大学)海軍と日蓮主義−小笠原長生を中心にして

【シンポジウム 太平洋をまたぐ日系仏教の諸相】
司会 守 屋 友 江(阪南大学)

守屋友江(阪南大学)移民とともにつくる仏教会−日系アメリカ仏教雑誌からみた仏教会の形成過程と活動−
本多彩(兵庫大学)アメリカに移民した日本人女性たちと仏教
安中尚史(立正大学)移民布教と仏教文物の移動
コメンテーター:藤 井 健 志(東京学芸大学)



■第23回日本近代仏教史研究会研究大会(2015年5月16日)
東京都・大正大学

【研究発表】
[第1部会]
小林惇道(大正大学大学院)日清・日露戦争後における戦死者慰霊の位置と仏教
矢吹康英(立正大学大学院)近代日蓮教団史の一研究―日蓮遺文削除問題をめぐって
栗山寛(龍谷大学大学院)戦間期における仏教者の戦争観―井上秀天を中心に
ブレニナ・ユリア(同朋大学)「満州国」の「精神的開発」―田中智学の『渡満行紀』を中心として
坂井田夕起子(桃山学院大学)"救国"と"親日"のあいだ―1930年代中国仏教の改革派と日本

[第2部会]
酒井秀暢(愛知学院大学大学院)近代時宗教団の再編成
田野尻哲郎(東京大学大学院)野口晴哉における仏教理解―近代日本民衆のスピリチュアリティーと科学
栗田英彦(日本学術振興会)近代仏教としての修養―藤田霊斎の思想と活動
大澤絢子(東京工業大学大学院)近代的「人間親鸞」像と『歎異抄』―六角夢想の表象を中心に
長谷川琢哉(大谷大学)明治20年代の仏教と哲学をめぐる論争と清沢満之
栗本眞好(元・花園大学大学院)会沢正志斎の『新論』と仏教

[合同部会]
池田智文(龍谷大学)近代「国史学」における仏教と神道
碧海寿広(東洋大学東洋学研究所)近代仏教の「外」の真宗へ―近角常観研究からの展開
オリオン・クラウタウ(東北大学)幕末期における仏教の言説的展開―龍温の護法思想を中心として
大谷栄一(佛教大学)大正時代の仏教社会主義―豊田剣陵の生涯と思想

【シンポジウム 高等教育からみる近代日本の宗教】
江島尚俊(田園調布学園大学)近代高等教育行政における宗教
柴田泰山(大正大学)浄土宗学にとっての近代化
大江満(立教学院史資料センター)文部省訓令十二号問題と立教学院
小柳敦史(沼津工業高等専門学校)宗教研究という敬虔―京都帝国大学における基督教学講座の成立
コメンテーター:林淳(愛知学院大学)司会:江島尚俊



■第22回日本近代仏教史研究会研究大会(2014年5月10日)
東京都・駒澤大学

【研究発表】
長倉信祐 (日蓮正宗教学研鑽所) 「近代日蓮宗富士派の興学布教をめぐる諸問題」
栗本眞好(花園大学)「朝彦親王と明治政府の宗教政策」
高本康子(北海道大学) 「戦時期日本の「喇嘛教」工作」
君島彩子(総合研究大学院大学) 「大阪万博と仏教―山崎良順の活動を中心に」
江島尚俊(大正大学) 「近代高等教育制度のなかの宗門系大学
佐藤文子(佛教大学) 「国家仏教論という思想」
上野大輔(慶応義塾大学) 「草創期の近世史叙述における仏教像
オリオン・クラウタウ(ハイデルベルク大学) 「戦後歴史学と日本仏教・研究序説」

【特別企画】 
《対談》日本仏教史研究の五十年
中尾堯 (立正大学名誉教授)
圭室文雄 (明治大学名誉教授)
(司会)林 淳 (愛知学院大学)



■ 第21回日本近代仏教史研究会研究大会 (2013年5月11日)
京都府・大谷大学

【研究発表】
栗本眞好(花園大学研究生) 「大国隆正の世界観と仏教批判」
山本彩乃(元佛教大学大学院) 「『中外日報』にあらわれた奥村五百子の歴史社会学的研究」
柴田幹夫(新潟大学国際センター) 「台北「西本願寺広場」と高雄「逍遙園」について」
林淳(愛知学院大学) 「近代仏教としての修験道」
Bernat MARTI-OROVAL(バレンシア大学)  「清沢満之の宗教哲学における浄土観」
長倉信祐(日蓮正宗教学研鑽所)  「近代日蓮宗富士派の帝都弘通をめぐって」
野村佳正(防衛大学校・日蓮宗現代宗教研究所嘱託)  「満州事変と日蓮信仰―石原莞爾の理解と実践―」
山本浄邦(佛教大学大学院)  「東本願寺立光州実業学校 その失敗理由の再検討―新史料『明治三十一年 韓国布教日記』と外交史料を中心に―」
坂井田夕起子(大阪大学非常勤講師)  「淨円寺所蔵『藤井草宣資料』の中の中国−残された仏教雑誌類を中心に―」

【シンポジウム 「近代仏教」にとって、アジアとは何であったのか―植民地布教の展開・再考― 】
パネリスト
諸点淑(韓国・東西大学校)
陳継東(青山学院大学)
松金公正(宇都宮大学)
コメンテーター 藤井健志(東京学芸大学)



■ 第20回日本近代仏教史研究会研究大会 (2012年5月12日)
東京都・青山学院大学

【研究発表】
吉永進一(舞鶴工業高等専門学校) 「『新佛教』研究の現状と展望」
水島見一(大谷大学) 「近現代大谷派教学史研究の意義とその研究方法について」
小川原正道(慶応義塾大学) 「対華二十一箇条要求と仏教―布教権をめぐって」
圭室文雄(日本近代仏教史研究会長・明治大学) 「明治初期の宗教政策」
下田正弘(東京大学) 「「インド学としての仏教学」再考」

【シンポジウム 近代の仏教とキリスト教】
パネリスト
芦名定道(京都大学) 「キリスト教にとっての仏教の意味 ―近代日本・アジアの文脈から―」
大谷栄一(佛教大学) 「「プロテスタント仏教」概念を再考する」
ケネス田中(武蔵野大学) 「アメリカ仏教への貢献者 Paul Carus(1852-1919)―キリスト教と異なる「科学の宗教」としての仏教―」
司 会  陳 継東(青山学院大学)  コメンテーター 林  淳(愛知学院大学)



■ 第19回日本近代仏教史研究会研究大会 (2011年6月4日)
埼玉県入間郡・淑徳大學

【研究発表】
徳永前啓(立正大学大学院) 「近代日蓮教団の動向―松森霊運の行動を中心に―」
ベルナット・マルティ・オロバル(バレンシア大学) 「清沢満之の宗教哲学における霊魂滅否論について」
森新之介(日本学術振興会) 「鎌倉新仏教史観の形成過程」
坂輪宣政(立正大学日蓮教学研究所) 「東京の寺院の敷地移動―明治維新前後を中心に―」
石井公成(駒澤大学) 「「人間聖徳太子」の誕生―戦中から戦後にかけての聖徳太子観の変遷―」
山本彩乃(佛教大学大学院) 「近代仏教メディアの誕生とそのメディア学的意義」
栗田英彦(東北大学大学院) 「真宗僧侶と岡田式静坐法」
寺戸尚隆(龍谷大学) 「戦時教学としての「日本仏教」と林銑十郎内閣」

【シンポジウム 十五年戦争と近代仏教】
発題1 八木英哉(浄土宗総合研究所) 「『時局伝道教化資料』に見る浄土宗の戦時布教方針―特に天皇=阿弥陀仏の表現について―」
発題2 オリオン・クラウタウ(日本学術振興会) 「十五年戦争期の日本仏教論―アカデミズムを中心に―」
発題3 白川哲夫(甲南大学) 「もうひとつの靖国―戦死者追弔の近現代史―」
司会:大谷栄一(佛教大学)  コメンテーター:武田道生(淑徳大学)



■ 第18回日本近代仏教史研究会研究大会 (2010年5月22日)
東京都渋谷区・國學院大學

【研究発表】
陳継東(武蔵野大学) 「『北京護法論』の二つのテキスト」
碧海寿広(宗教情報リサーチセンター) 「仏教日曜学校の実践―大正期を中心に―」
梁明霞(国際日本文化研究センター) 「日露戦争前後の宗教界の戦争観―『新仏教』と『六合雑誌』を中心に―」
オリオン・クラウタウ(日本学術振興会・外国人特別研究員) 「村上専精と「日本仏教の特色」」
戸浪裕之(國學院大學研究開発推進機構伝統文化リサーチセンター) 「島地黙雷と白蓮教会」

【シンポジウム「問い直される近代仏教」】
司会・コメンテーター 林淳(愛知学院大学)
発題1 大谷栄一(佛教大学) 「近代仏教史研究の現状とその課題」
発題2 藤田大誠(國學院大學) 「神道史からみた近代仏教」
発題3 菊地暁(京都大学人文科学研究所) 「人類学史(研究)からみた近代仏教(研究)」



■ 第17回日本近代仏教史研究会研究大会 (2009年6月20日)
東京都豊島区・大正大学

【研究発表】
齋藤知明(大正大学大学院) 「澤柳政太郎にみる仏教観と道徳教育」
菊池結(大正大学大学院) 「近代日本の仏教と社会活動―渡辺海旭のドイツ留学を中心に―」
隈元正樹(東洋大学大学院) 「近代仏教における慰霊と顕彰―日蓮宗東郷寺の創建と展開を通して―」
山秀嗣(龍谷大学仏教文化研究所) 「九州における真宗ネットワークの存在とハワイ初期開教」
坂井田夕起子(大阪教育大学) 「玄奘三蔵の骨の行方―日本における八カ所の奉安をめぐって―」
三浦周(大正大学綜合佛教研究所) 「明治中期における排耶論の諸相―『破邪叢書』を中心に―」
新堀歓乃(東京藝術大学) 「近代日本における仏教音楽と布教活動―浄土真宗による仏教洋楽から真言宗のご詠歌へ―」
本康子(群馬大学国際教育・研究センター) 「明治仏教とチベット―能海寛『世界に於ける仏教徒』を中心に―」
ランジャナム・コパディヤーヤ(名古屋市立大学) 「日本山妙法寺・藤井日達とその弟子たちの「西天開教」」
【特別講演】
星野 英紀(大正大学) 「戦時下仏教者の思想構造―高神覚昇を例として―」



■ 第16回日本近代仏教史研究会研究大会 (2008年5月31日)
東京都品川区・立正大学

【研究発表】
碧海寿広(慶應義塾大学大学院) 「儀礼と近代仏教―『新仏教』の論説から―」
指方伊織(大谷大学大学院) 「M.L. ゴードンの大乗非仏説論―宣教師がもたらした近代仏教学―」
塩野俊恭(佛教大学大学院) 「出羽三山と庄内藩」
長倉信祐(大正大学綜合仏教研究所) 「天璋院篤姫の法華信仰をめぐって―薩摩藩奥女中「小野嶋」との関係を中心に―」
山本邦彦(佛教大学大学院) 「植民地朝鮮における監獄教誨―1920年代を中心に―」
大澤広嗣(東洋大学アジア文化研究所) 「戦時下フランス領インドシナにおける文化工作―大日本仏教会、国際仏教協会を中心に―」
柴田幹夫(新潟大学) 「大谷光瑞と清国開教―光瑞書簡を手がかりにして―」
西村明(鹿児島大学) 「遺骨収集・戦跡慰霊と仏教者たち」
木村勝行(日蓮宗現代宗教研究所) 「岡田資将軍と近代仏教」
【特別講演】
西山茂(東洋大学) 「杉山辰子とその教団―仏教系新宗教研究史の「失われた輪」の発見―」



■ 第15回日本近代仏教史研究会研究大会 (2007年5月19日)
東京都世田谷区・駒澤大学

【研究発表】
林淳(愛知学院大学) 「一九三〇年、「仏教とマルクス主義」をめぐる論争とその歴史的意義」
オリオン・クラウタウ(東北大学大学院) 「辻善之助の近世仏教像とその歴史的意義」
三浦周(大正大学大学院) 「排耶論―概念形成の過程について―」
菅野洋介(駒澤大学) 「幕末期における修験の動向と秩序形成―武州入間郡を事例に―」
坂輪宣政(立正大学日蓮教学研究所) 「明治中期における僧侶の妻帯事情について」
繁田真爾(早稲田大学大学院) 「日清戦争前後の真宗大谷派教団と「革新運動」―「精神主義」の起源―」
日野圭悟(大谷大学) 「明治期真宗大谷派における保守主義―細川千巌を中心に―」
ランジャナ・ムコパディヤーヤ(名古屋市立大学) 「日本仏教の戦後の「国際化」とブッダガヤで寺院の建設」
大澤広嗣(國學院大學日本文化研究所) 「馬来軍政監部の渡辺楳雄―仏教学者の戦時徴用―」
守屋友江(阪南大学) 「一九三〇年代に来日した日系アメリカ人開教使候補生」
柴田幹夫(新潟大学) 「大谷光瑞とシンガポール本願寺について―『渡邊智修日記』を中心として―」
【特別講演】
石井公成(駒澤大学仏教学部) 「明治期における海外渡航僧の諸相」



■ 第14回日本近代仏教史研究会研究大会 (2006年5月20日)
東京都豊島区・大正大学

【研究発表】
江島尚俊(大正大学大学院) 「近代社会における仏教の位置―矢吹慶輝を中心に―」
松本郁子(京都大学大学院) 「浦潮本願寺の成立と発展」
三浦周(大正大学綜合仏教研究所) 「『闢邪管見録』の考察」
藤井健志(東京学芸大学) 「戦後台湾における日本仏教の活動」
【特別講演】
孝本貢(明治大学) 「戦没者慰霊研究の課題」



■ 第13回日本近代仏教史研究会研究大会 (2005年6月4日)
東京都杉並区・佼成図書館視聴覚大ホール

【研究発表】
大澤広嗣(大正大学大学院) 「国際仏教協会の組織と活動」
辻村志のぶ(日本学術振興会) 「藤井日達のアジア像」
坂輪宣政(立正大学日蓮教学研究所) 「明治初期寺院明細簿にみる日蓮宗寺院の様相」
今井昭彦(埼玉県立熊谷女子高等学校) 「近代日本における戦死者祭祀―佐賀の乱を事例として―」
三浦節夫(東洋大学井上円了記念学術センター) 「井上円了の初期思想について」
【特別講演】
大濱徹也(北海学園大学) 「宗教アーカイブズの責務と課題」
【見学】
佼成図書館



■ 第12回日本近代仏教史研究会研究大会 (2004年5月22日)
東京都板橋区・淑徳短期大学

【研究発表】
藤森雄介(淑徳大学) 「雑誌『共生』よりうかがえる昭和初期の椎尾弁匡と「共生会」の動向について」
古賀克彦(国府台女子学院) 「宮崎圓遒の仏教史研究―没後二〇年を迎えて―」
モール・ミシェル(立命館大学) 「平塚らいてうが見た近代の宗教とその評価」
西山茂(東洋大学) 「東北地方における創価学会系寺院の成立と展開」
【特別講演】
圭室文雄(明治大学) 「明治初年の寺院明細簿にみる諸宗派の分布と実態」



■ 第11回日本近代仏教史研究会研究大会 (2003年5月22日)
東京都豊島区・大正大学

【研究発表】
巌谷勝正(祐天寺) 「「祐天信仰」の成立と展開」
小池満秀(高野山大学密教文化研究所) 「批判精神の系譜学―慈雲をめぐって―」
滝口正哉(立正大学大学院) 「幕末期の富興行について―天保一三年禁令とその後―」
寺田喜朗(東洋大学大学院) 「東北地方における契約講の現代的様相とその変容―仙台市泉区西村根白石の事例から―」
岡田正彦(天理大学) 「自己同一性のための「他者」―井上円了の「妖怪学」と近代的宗教意識―」
谷川穣(京都大学研修員) 「近代仏教史における佐田介石の位置」
辻村志のぶ(東京大学大学院) 「近代日本仏教と「国際」」
大場一石(大正大学大学院) 「太平洋戦争における兵士の死生観と教誨師の活動」
小島伸之(東洋大学大学院) 「仏教系新宗教における得度・受戒―念法眞教を事例として―」
【特別講演】
藤井正雄(大正大学) 「葬祭と仏教―過去を振り返り、将来を展望する―」



■ 第10回日本近代仏教史研究会研究大会 (2002年5月18日)
東京都文京区・東洋大学

【研究発表】
三浦節夫(東洋大学井上円了記念学術センター) 「井上円了と清沢満之」
守屋友江(阪南大学) 「高島米峰論」
大西克明(東洋大学大学院) 「日蓮宗勝劣派における謗法現象の変遷」
今井昭彦(熊谷女子高等学校) 「近代日本における戦死者祭祀―忠霊塔建設運動をめぐって―」
ランジャナ・ムコパディヤーヤ(東京大学大学院) 「日本における仏教と近代化―「社会参加仏教」の展開―」
田垣範子(東洋大学大学院) 「法音寺亀岡法座の形成過程」
渡辺雅子(明治学院大学) 「ブラジルにおける霊友会系諸教団の展開」
【特別講演】
竹村牧男(東洋大学) 「清沢満之と寸心・大拙」



■ 第9回日本近代仏教史研究会研究大会 (2001年5月12日)
東京都世田谷区・駒澤大学大学会館

【研究発表】
菅原洋介(駒澤大学大学院) 「近世後世の僧侶・社家と地域社会―奥州伊達郡を事例として―」
鈴木雅晴(蓮田市史編纂委員会) 「近世後期の神葬祭運動―浜松藩領の神葬祭運動―」
陳継東(武蔵野女子大学) 「近代日中仏教の再接近―小栗栖香頂の北京日記を資料として―」
林淳(愛知学院大学) 「明治三年陰陽道廃止をめぐる一考察」
牧之内友(北海道大学大学院) 「戦時期の宗派合同」
守屋友江(阪南大学) 「浄土真宗のアメリカ化―その現状と課題―」
小野光琳(立正大学) 「ベトナム戦争時における日本仏教徒のベトナム支援について」
【特別講演】
山内舜雄(駒澤大学名誉教授) 「曹洞宗の二〇世紀―道元禅の近代化過程とその展望―」



■ 第8回日本近代仏教史研究会研究大会 (2000年3月24日)
京都府京都市北区・大谷大学博綜館

【研究発表】
マイカ・アワーバック(プリンストン大学大学院) 「近代日本の他民族支配と仏教―東本願寺千島布教をめぐって―」
熊本英人(曹洞宗総合研究センター) 「近代曹洞宗と出版をめぐって」
安藤和彦(京都文教短期大学) 「渡辺海旭と仏教社会事業思想」
【特別講演】
寺川俊昭(大谷大学名誉教授) 「清沢満之と近代教育」



■ 第7回日本近代仏教史研究会研究大会 (1999年3月27日)
東京都千代田区・明治大学大学院南講堂

【研究発表】
廣瀬史彦(駒澤大学大学院) 「寺院の朱印改について」
梅田隆行(筑波大学大学院) 「暁烏敏の研究」
福島栄寿(光華女子大学) 「近代日本の仏教と女性―仏教婦人雑誌『家庭』をめぐって―」
【特別講演】
長谷川匡俊(淑徳大学) 「大正・昭和戦前期の寺院社会事業をめぐって」



■ 第6回日本近代仏教史研究会研究大会 (1998年3月28日)
東京都千代田区・日本大学会館

【研究発表】
陳継東(東京大学大学院) 「小栗栖香頂の『真宗教旨』の内容及び中国での反響」
堀口良一(帝塚山大学) 「「教法」・「治教」・「宗教」―島地黙雷の「宗教」認識―」
藤井健志(東京学芸大学) 「近代仏教の海外布教―研究史の再検討―」
【特別講演】
古田紹欽(松ヶ岡文庫) 「日本人と近代仏教」



■ 第5回日本近代仏教史研究会研究大会 (1997年3月29日)
東京都品川区・立正大学大崎校舎

【シンポジウムテーマ「近代仏教研究を問う」】
パネラー:大隅和男(東京女子大学)、西山茂(東洋大学)、木場明志(大谷大学)
司会:林淳(愛知学院大学)



■ 第4回日本近代仏教史研究会研究大会 (1996年3月30日)
東京都新宿区・早稲田大学国際会議場

【研究発表】
遠藤潤(日本学術振興会) 「後期国学における排仏意識と他界観」
清水海隆(立正大学) 「明治期の日本における仏教社会福祉活動の動向について」
赤松徹真 「総力戦下の仏教教団―西本願寺教団の場合―」
洗建(駒澤大学) 「宗教法人法をめぐる問題」
【特別講演】
小山宙丸「一宗教哲学者からの視点」



■ 第3回日本近代仏教史研究会研究大会 (1995年3月25日)
東京都文京区・東洋大学甫水会館

【研究発表】
菅根幸裕(千葉県立総南博物館) 「明治維新における聖の動揺について」
工藤信人(東洋大学大学院) 「日蓮主義青年団から新興仏青へ―妹尾義郎における三つの「反」―」
福島栄寿(大谷大学大学院) 「親鸞言説と近代」
【特別講演】
菅沼晃(東洋大学) 「井上円了の哲学」



■ 第2回日本近代仏教史研究会研究大会 (1994年3月26日)
東京都新宿区・日本大学会館

【研究発表】
大谷栄一(東洋大学大学院) 「一九二〇年代における田中智学の日蓮主義運動をめぐって―運動としての「法国冥合」のパースペクティヴ―」
熊本英人(曹洞宗宗学研究所) 「大正・明治初期の曹洞宗における「寺族」問題」
藤原正信(平安高等学校) 「教部省行政下の仏教」
【特別講演】
森岡清美(成城大学) 「明治維新期における僧尼身分の解体について」



■ 日本近代仏教史研究会 発会式 (1992年12月21日)